« 22000km超 | トップページ | アクティベーション »

2006年8月21日 (月)

DSブラウザ

先日、NintendoDSブラウザを購入。
まずは自宅の無線LANアクセスポイントに接続しようとAOSS(バッファローの無線LANルーターなので)を使い接続設定。
すぐに完了。
が、今まで使っていたノートPC側が繋がらなくなる(ありがち)。
暗号化規格等が低い機器があった場合、そちら側の設定に自動的に更新されると言うことで、ノートPCも再度AOSSで接続設定するが、何度やっても途中で失敗。
仕方が無いので、DS側もノートPC側も手動で設定し直し。最初から手動でやれば良かったと後悔。

どうもノートPC側の内蔵LANアダプタが悪さをしているっぽいが本当のところ、原因は不明。

あの小さい画面を使ってのブラウジングはやはり厳しいが、それでも色々工夫してあってそれなりに使える。
ざっと使ってみた限りでは、2画面モードを有効にして上画面が拡大表示(実際の解像度で表示)、下画面が縮小表示にし、目的のページをスコープモードで見る(実際に見るのは上画面)。
リンクをクリックしたい場合は、上下画面入れ替え(アイコン1つクリック)して、下画面でリンクをクリック。
と、こんな感じで操作すると良さそう。

横幅を揃える、を使うと、ページのレイアウトはめちゃくちゃになるが、上下スクロールのみで済むので、レイアウトを無視出来るページならこれも有りかも。

一番のネックは内蔵の無線LANの規格が11bであり、速度が遅い事。ついでに言えばFlashも使えないなど、フルブラウザとしては機能が低いこと。

正直言えば、DS本体に内蔵されているべきものかと思うが、増設メモリとブラウザソフト、と言う組み合わせで3800円であればそんもの不要だから少しでも本体価格を下げて欲しいと言う人も結構いると思われるので仕方が無いか。

|

« 22000km超 | トップページ | アクティベーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/11547720

この記事へのトラックバック一覧です: DSブラウザ:

« 22000km超 | トップページ | アクティベーション »