« 33000km | トップページ | 機種変更 »

2007年10月24日 (水)

ニューマシン構築顛末記

えー、メモリを増設するまでは書いたのですが・・・・。
何時の間にかMBもCPUもメモリも新しくなっていたりして・・・・。

以下はその顛末記です。

【2007年10月17日】
AthlonXP 2500+が届いたので、早速交換して・・・と思ったら動作せず。
うーん、ジャンクだったかぁ、コア欠けあるしぃ、と思い、仕方が無いので元のCPUに戻す。
が、動作せず。げっ、CPUが逝っちゃった?
と思い、昔のAthlon1.3GHz(AthlonXPにあらず)を持ち出してきて動作確認するもやはり同じ状態。
うーん、M/B壊したかなぁ。
512MB×2(PC3200)のメモリ買ったばっかりなのに・・・。

まぁまだM/Bが逝っちゃったのか、それともCPUが逝っちゃったのか判断出来ていないんで、とりあえず会社にあるPCを使ってメモリじゃない事だけ確認しようかと思っています。
→メモリは1枚を除いてチェックエラー無しでした。PC2100の256MBだけ、会社のPCでは認識しなかった・・・。
 まぁ取り外す直前まで動いていたので問題ないとは思うけど。

【2007年10月18日】
メインPCが動かないと週末のチビ達のTV録画が出来んっ!と言うことで、結局以下の構成を購入。

DDR2 SDRAM PC2-6400 1GB×2(エルピーダ製の永久保証付き) 7780円
GIGABYTE GA-MA69G-S3H(ATX) 10280円
Athlon X2 BE-2400 12800円
マザーとCPUのセット割引 -1000円
合計:29860円
なんとか3万円以内に収めました。

今回購入したマザーはAMD690Gが乗っていて、とりあえずビデオカード無しでもそこそこの3D性能有り(ATI Radeon X1250 相当らしい)、HDMI端子標準装備(使わないけど)IEEE1394aが付いてて,1000BASEのLANがついてて、TV出力も(optionだけど)出来て・・・など、そこそこの性能で10000円程度とかなりお買い得です。
CPUはAthlon64 X2 4000+が9000円を切っていてそっちで良いかなぁ、とも思ったんだけど45Wの魅力に負けてBE-2350 or BE-2400を物色。
2350と2400の価格差は2000円近くあり「2350でいいかなぁ」と思いつつ店員さんには「BE-2400くらさい」と言ってました。ああ、見栄張るくん。
メモリはノーブランド品で2880円(1GB)もあったんですが、エルピーダで永久保証で1枚3890円と比較的安かったのでこっちをチョイス。

【2007年10月21日】
新しいPC環境構築ですが、金曜日の夜にやろうと思っていたら、夜、チビ達と一緒に寝てしまい(^^;、土曜日の朝早めに起きて作業をしました。
とりあえずTV録画が出来るようになることが第一優先だったので、元のMBを外して新しいMBを取り付け、CPUを取り付け、メモリを取り付け、で、HDDやらその他のデバイスはほぼそのまま取り付けて、電源ON。
無事立ち上がり、新MBの各種デバイスドライバ類をインストール。
デバイス認識もすべて正常に行われ、OSのアクティベーション(「構成がほぼ入れ替わったので、3日以内にアクティベーションして下さい」のメッセージが)をしようと、NICを繋ぐと・・・・繋がらん。
DHCPサーバが見つけられないようです。
仕方がないのでIP固定にしてみましたが、同じセグメントのPCやルーターへのPINGが通らず。
ネットで調べた時もNICが今一不安定とかあったので、とりあえず諦めてPCI接続の100BASE-TXのLANカードを取り付け。
あっさり繋がりアクティベーションも完了。
クリーンインストールしたら大丈夫かなぁ、とか思いましたが時間が無いので今のところそのまま。

それ以外は特に問題ないようです。

TV録画も問題無く、スタンバイからの復帰も問題なし。

【2007年10月23日~24日】
オンボードNICの動作確認。
以下の事をやってみました。

1.既存システムからOS(HDD)そのままでGA-MA69G-S3Hに変更。
 起動後、MB付属のCD(Ver1.11)より各種ドライバインストール
 ※RealtekのLANドライバもこの時点でインストール
 ・WindowsXPのデバイスマネージャでは正常動作(PCIのリソース競合も無し)
 ・ローカルエリア接続のプロパティにて「インターネット プロトコル(TCP/IP)」の
  プロパティを開き、IP自動取得、DNS自動取得に設定
 ・DHCPサーバ(ルータ)に接続するも、IP取得出来ず
2.DHCPサーバからIP取得出来なかったので、ローカルエリア接続のプロパティにて
 「インターネット プロトコル(TCP/IP)」のプロパティを開き、IP固定(DHCPサーバと
 同じセグメント。IPの衝突は無し)、DNS固定で設定
 ・DHCPサーバへのPING通らず(100% Loss)
 ・自分自身のIPへのPINGは正常

 ここまでは先週。

3.RealtekのHPより最新ドライバ取得(5.673.0712.2007)およびインストール
 →症状変化無し(上記1、2共に)
4.ドライバの設定より通信速度をAutoから100BASE-TX(duplex)固定に変更
 →症状変化無し(上記1、2共に)
5.ケーブルがカテゴリ5だからかなぁと思い、LANケーブル交換(カテゴリ5のケーブルからカテゴリ6のケーブルに交換)
 →症状変化無し(上記1、2共に)
6.ひょっとしたら、と思い、ドライバの設定より通信速度をAutoから10BASE-T(duplex)固定に変更
 →うぉっ!繋がったっ!
7.ひょっとして、無線LANルータのHUBとの相性?、と思い立ち、ケーブルモデム直繋ぎをしてみる
 →をぉ、100BASE-TXで繋がるっ!
8.お蔵入りになっていた、バッファローのスイッチングHUBを引っ張り出してきて
  ケーブルモデム←→無線LANルータ←→スイッチングハブ←→PC
 と言う構成で接続
 →問題無く繋がりました。

 と言うことで、MBやドライバの不具合ではなく、なんと無線LANルータのHUBとの相性(?)が悪かったと言うことが判明。
 あー、変に初期不良ですっ、ってお店に持ち込まなくて良かった。
 でも、クリーンインストール用にS-ATA 320GBを1台買っちゃったよ(苦笑)。
 まぁいいか、S-ATAのみの環境も速そうで良いし。

それにしてもHUBとの相性とかまだ存在するんですねぇ。
昔は確かにあったけど、今ごろの機械でも相性ってやっぱり有るんだ、と久々に感じましたとさ。疲れたよ。
さて、前の環境の10時間くらいしか使っていない、PC3200のメモリはオークションに出すか(^^;。

|

« 33000km | トップページ | 機種変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 33000km | トップページ | 機種変更 »