« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の3件の記事

2008年4月12日 (土)

W32T分解再び

以前にもW32Tの外装を交換するのに分解記事を書きましたが、今回も部品取り機種を分解するので再び記事にしてみます。
今回は液晶側は特に交換するつもりが無いので、ボトム側のみ。

1.電池蓋とバッテリを外します(当たり前ですが、電源OFFにして下さい)。

P4110011

2.裏側のネジのメクラ蓋を全部(四箇所)取ります。
 ※先の細い精密ドライバのマイナスや針等で取れます(私は精密ドライバ愛用)。

 部品取り機ならどうでも良いですが、再利用したりする場合は傷が付かないように気をつけて取り外します。
 とはいえ、微細な傷はどうしても付きますけど。

P4110014

3.四箇所ともネジを外します。

 Y字ドライバーが必要です。
 なぜか家にはY字ドライバーが3本もある(同じサイズ)。しかも2つは全く同じ物。
 あるの忘れて買った、と言う落ちですけど。

P4110017_2

4.裏側のケースは何箇所かの爪でハマっているだけですが、これが結構きっちりハマっていますし、フレームの一部はかなり細くなっていますので、無理に力を加えると折れる可能性も。

P4110023

5.必要な部品(各種蓋部分)を取るだけなら、ここまで。
 ついでなので、掃除する為に基板の取り外しもします。
 と言ってもネジ止めされている訳でもないので、液晶部分へ伸びるフラットケーブルを外して、爪を外して持ち上げるだけ。
 これを取るとダイヤルキー部分も取れます。
 なんかこぼしたっぽく、内部にもヨゴレが侵入してました。

 基板を外したついでに、miniSDスロット部分も外してみます。
 これもフラットケーブルを外したら爪(三箇所)を外すのみ。
 一緒にバイブレータ用モータも外れます。

P4110024

メモリカードスロットの蓋(今使っている奴は落とした時の傷(2~3mm)があったので)と外部接続端子の蓋(角の塗装が擦れてきていた)が必要だったので、これは取り外して掃除。

あとはダイヤルキー部分も掃除して、内部もざっと掃除してお終い。

今度は現在使用中のW32Tの裏蓋を外してパーツ交換。
綺麗になりました。

交換後のパーツを組んで元に戻しました。

後は部品として使えそうなのは液晶部分くらいかな?。概観は確実に今使っているW32Tの方が100倍(当社比)綺麗なので。
液晶も割れたりしない限りは今のままですね。

とりあえず、中古W32Tは、予備バッテリの充電器として使います。
バッテリと言えば、中古W32Tに付属していたバッテリーですが、結構使えそうです。

| | コメント (0)

携帯機種変更・・・延期

先月の初め頃、今使っている携帯(W32T)が購入から丸二年経ったので機種変更しようかなぁ、と思い、ターゲットをW61Pに絞っていたのですが、良く考えると今の携帯にそれほど不満があるでも無いし、今しばらく使ってみようと思うようになりました。
で、そうなるとバッテリが2年経過して若干(?)劣化気味なのが困る所です。
新品で買うとau online shopで3675円(税込)もしますし(そんだけ出すならW61Pは無理でも、W56T辺りならポイント使って機種変更出来る)オークションで探す事にしました。

運良く、2回だけ使用したと言うバッテリが即決で980円(送料込で1060円)で出ていました。
オマケでもう1個元々W31TだかW32TだかW41Tに入っていたバッテリも付けると言う事でポチッっとしました。

で、ここで終わらないのが私(苦笑)。

W32Tの中古(出品者曰く『超美品』)を落札してしまいました。
これはアウターパネル等の予備として(落札価格520円で送料が240円の760円)。

届いた物を見てみるとはっきり言って美品でもなんでもありませんでした。個人的主観では並品以下。
あっちこっちに傷があるし、ヨゴレもある。
またダイアルキーは軋む感じで使いにくい。
それでも部品取りしようと思った部分(miniSD/外部端子/ヘッドフォン端子の各蓋)はほぼ傷も無く、擦れによる色剥げもあまり無かったので良しとしましょう。

こっちにもバッテリが入っていると言うことで、どの程度使えるか分かりませんが、これでバッテリ4個。

で、入手したバッテリですが、大体こんな感じのようです。

1.元々付いていたバッテリ TS-YAA
2.2個セットで入手したバッテリその1 TS-YFA
3.2個セットで入手したバッテリその2 TS-YGA
4.本体と同時に入手したバッテリ TS-YAA

1と4の記号が全く同じなので、分からなくなるかなぁ、と思いましたが、素材記号の[>PC<]の横の数字が1は②、4は①でしたので区別可能です。

で、バッテリの使える度は、3≧2>1と言う感じ。
4はまだ試してみてません(充電は出来るし、ちゃんと使えますけど)。

バッテリ4個あれば今まで通りの使い方ならまだ3年以上は使える事になります。

・・・W32Tが壊れるまで使おうかと思います(笑)。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

新無線LANルータ設置

先日も書いたように
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr2-g300n/
を購入し、やっと設置。

いやぁ、最初の11bモデルだったWLAR-L11の時はともかく、WBR-G54の時は三回も製品交換して貰っても中々安定しなかったのが嘘のようにAOSSも全然問題無く動作するし、自動チャンネル設定も動作バッチリで実質8000円ちょっとで購入出来た事を考えると(今のところ)大満足です。

今までDSがWEP128しか対応していなくって仕方なく全ての無線LAN機器をWEP128と言う、今となっては時代遅れの暗号化形式で接続していましたが、マルチセキュリティ機能のおかげで、WiiやノートPCはAESで、DSのみWEPで、と言う接続に(何も悩まずに)設定出来ました。

アクセスポイントは二階、Wiiは一階、と言う環境でも、Wiiでのインターネットアクセスが見違えて速くなりました。
今まではネット上の動画再生等はほぼ無理(数秒で画像停止、その後音沙汰なし、って感じ)だったのが、がんがんイケるようになりましたし。

最初に無線LANを導入したのが、多分2000年末か2001年初め頃、11gがDRAFTで出て先走って導入して痛い目にあったのが2002年末か2003年初め、今回は11nがDRAFTで出てもすぐには導入せずに、値段がこなれて(まだDRAFTのままですが)からの導入で痛い目にはあいませんでした。
そうか、無線LANを導入して、もう丸7年以上になるのか。
結構長い事使ってますね。

そうそう、副作用(いい方の副作用)として、WBR-G54の内蔵HUBとの相性が悪かったGA-MA69G-S3Hですが、今度のWZR2-G300Nとは全く問題無く、仮設置中だったHUBを撤去することが出来ました。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »