« GPS Data Logger | トップページ | RGM-3800実験 »

2008年7月24日 (木)

GPS Data Loggerその2

RGM-3800は添付ソフトにより吐き出されるデータはNMEA 0183 ver.3.0と言うことでそのままではGoogleMap等に表示出来ません。
で、現在はNMEA2KMZと言うソフトを使わさせて頂いて(まだ使い方が十分分かったとは言えませんが)NMEAをKML(KMZ)に変換しています。
GMM2とGPSbabelも使ってみたんですがイマイチ上手くいかない・・・。
使い方が悪いだけだとは思うのですが。もう少し色々やってみようと思います。

下は使用初日(7月19日)、長男次男の希望でポケモン映画を見に行ったら、既に朝一、その次(昼前)、更にその次(14時から)が満席で16時20分からの回しか入れないと言うことで映画館のあるイオン東浦から刈谷のハイウェイオアシスまで移動した記録です。
イオンでは立体駐車場から出ていますが、ちゃんと衛星を捕捉出来ているようです。
途中、スギ薬局の駐車場でナビをセットしていますが、駐車場での車の動きも分かりますね(^^;
高速道路下を走っていて衛星の捕捉には若干不利な状況だったと思いますが、ここでも問題無く捕捉しているようです。
ハイウェイオアシスの駐車場に入る時も10分くらいは駐車場空きを待っていましたが、軌跡が乱れる事もなかったようです。


大きな地図で見る

現在は色々なGPS Data Loggerが出ていて普及機はどれも1万円前後。
USBやBluetoothでGPSマウスとしても使える機種が多く使い方によっては簡易的なナビゲーションシステムとしても使えます(PDAと組み合わせれば徒歩でのナビゲーションも可能)。
まぁパケット代とかをケチらなければ、携帯電話の方が手軽ですけど。
ただ、実際は殆どの機種がTELECの技術基準適合証明を受けていないので、Buletooth機能を使うと、日本国内で利用すれば電波法違反となります(GPSロガーの機能を使うだけなら問題無い)。

お金に余裕があればGPSサイクルコンピュータも欲しいかも。

|

« GPS Data Logger | トップページ | RGM-3800実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GPS Data Logger | トップページ | RGM-3800実験 »