« 使い切りデジカメ | トップページ | プリンタ修理行き »

2008年8月22日 (金)

D505の現状

D505ですが、以下のようになりました。

1.HDD
 当初の予定通り、LavieG TypeMに装着していた160GBのサムソン製HDDを載せました。
 LavieGの方は元々D505に付いていた富士通製の60GBと交換。
 今回は、GParted LiveCDと言うオープンソースのパーティション操作ソフトを使用しました。
 バージョンは0.3.7-7。
 ネットを見ていると以前のバージョンでは日本語を選ぶと文字化けするので英語を選べ、とありますが試してみた限りでは日本語も正常に表示されました。
 パーティション操作ソフトではありますが、同一容量のパーティション間コピーも出来ます。
 ですので、

 a.60GBのHDDを外付けUSBケースに入れてLavieGに接続。
 b.Gparted LiveCDをCDから立ち上げる。
 c.起動後、USB接続した60GBの最初のパーティションをLavieGに内蔵している160GBのものと同じサイズにする。
 d.内蔵HDDのCドライブの内容をUSB接続した60GBの最初のパーティションにコピー。

 でOKです。
 但し、WindowsXP配下でLavieGに接続してしまってあったので、レジストリにドライブレターが書き込まれてしまっており、HDDを交換(60GBのHDDをLavieGに装着)してから立ち上げると、WindowsXPの途中までしか起動しない。
 どうしてかなー??と思いながら元々LavieGに入っていた160GBのHDDをUSB接続して起動すると普通に立ち上がったので、ドライブレターを見たら、起動ドライブがFドライブになっていました。
 まぁレジストリにそういう風に書き込まれているから仕方が無いのですが。
 レジストリエディタで変更すると直ります。
 ↓この辺り参照
 http://support.microsoft.com/kb/223188/ja

 最初はコピーが上手く行かなかったかと思って再度コピーをしてしまいました。
 コピー自体は15分程で終わりました。
 60GBのHDDで起動してからDドライブの内容もコピー(デジカメ画像8.8GB程度)。

 空いた160GBをD505に装着してWindowsXPをインストール。
 インストール後、最新ドライバ、最新BIOSを導入してWindowsXPもSP3を当てて完了。
 あとはOffice2003を入れるくらい。
 最近はフリーソフトで何でも出来て嬉しいです。
 海外製が多いのが難点ですが。

2.メモリ
 LavieGから512MB抜いて(抜いた後に256MB入れたのでLavieGの方は768MB)、512MB+512MBの1GBにしました。

3.光学ドライブ
 TS-L632Dが届いて、元々のTS-124のベゼルとTS-L632Dのベゼルを外してみましたが(実際は外す前から分かっていたのですが)全然別物だったので、素直に諦めて、そのまま付けました。
 ちょっと奥まってしまいましたが、問題無し。

4.キーボード
 まだ未交換。そのまま全部交換出来るのでそうしちゃうかも。

そんなこんなで色々装着しましたが、まだ全然使っていません。
早めにFMV-BIBLO NB9/95から移行したいんですけどね、キーボード配列が違って打ち辛いので。

|

« 使い切りデジカメ | トップページ | プリンタ修理行き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使い切りデジカメ | トップページ | プリンタ修理行き »