« D505のキーボード交換 | トップページ | 結局・・・ »

2008年9月11日 (木)

RGM-3800 新ファームウェア

先日、RGM-3800のファームウェアとソフトウェアがバージョンアップされました。
変更点は、
・取得出来る項目追加
・高度の計算値が楕円体高から標準高
のようです。

取得出来るデータは今まで、
 時間・経度・緯度・高度・速度
だったのが、
 時間・経度・緯度・高度・速度・距離・FIXモード・衛星情報・FIX衛星数・DOP値・進行方向
と、6項目程増えています。

まぁ距離も進行方向もそれまで取得出来ていたデータから算出する事が出来る
のである意味どうでも良いと言えばどうでも良いのですが(^^;あればあったで楽。

FIXモードと衛星情報、FIX衛星数、DOP値は、得られたデータ精度がどうなのか、
と言う点では見て面白いかも知れませんが、それでデータ補正が出来る訳でも
ないので、これで取得データ量が増えるなら取得不要かも知れません。

高度については、なんか誤差があるような記事もあったのですが、これでほぼ
正しい(別に楕円体高が間違っている訳ではありませんが)値になるのかな?

今度の休みにでも試してみよう。
因みにファームウェアのアップデートは済んでます。

しかし以前でも1秒設定にするとたま~~~に取りこぼしがあったようなんだけ
ど大丈夫かしらん。

|

« D505のキーボード交換 | トップページ | 結局・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D505のキーボード交換 | トップページ | 結局・・・ »