« GBAカセットの電池交換(顛末) | トップページ | 今年の運動会 »

2008年10月 6日 (月)

続・GBAカセットのボタン電池交換

先日のGBAカセットのボタン電池ですが、その時点ではOKだと思ったのですが、
1.マイナス側がプラスとショートする事がある。
 ⇒良く見れば当たり前でした。ショートしないようにビニールテープを巻いてみました。
2.それでも電池切れになる事がある。
 ⇒やはり金属タブがバネの役割をせずに断線状態になる事があるようです。

で、解決方法として考えたのは、

a.やはり電池を半田付けなどして固定する。
 ⇒一番確実ですが、交換を簡単にすると言う意味ではNGです。
b.やはりホルダを加工して取り付ける。
 ⇒スマートだしショートも起きないので一番良いのですが、隙間が2.5mmくらいしか無さそうなのでおそらく無理。
c.CR2016→CR2025にして動く隙間を無くす。
 ⇒簡単だし試す価値はありますが、これも隙間不足でケースが閉まらない可能性があります。

元々の電池がCR1616なのでCR2016にする事で電池の持ちが大幅に増えますから普通に遊ぶ分には固定しちゃうってのが一番良さそうなんですけどね。
試すのが簡単なので、まずはc案を試す事にして、SHOP99でCR2025を購入。
ショートする部分も暫定的にビニールテープを巻きましたが、再度金属タブを取り外して、熱収縮チュープで処理してみようと思います。

|

« GBAカセットの電池交換(顛末) | トップページ | 今年の運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GBAカセットの電池交換(顛末) | トップページ | 今年の運動会 »