« 陸上競技大会 | トップページ | タブ付きコイン電池のその後 »

2008年10月17日 (金)

GBAに関するあれやこれや

最近、GBAのソフトを購入した事もあって、GBAに関するアレコレをネットで漁っています。

はっきり言って今更なんですけどね。

そこで目についたのはGBAのROMやセーブデータを吸い出したり書き込んだり出来る「USB Linker Advance」(以下ULA)と言う代物。
ULA自体はハードで自作しなければならない物です。
あとはこれ用のソフトが存在して、ROMデータの吸出しやセーブデータの読み書きを行えるようになります。
GBAカートリッジ型のFlashメモリカードを使うとROMの書き込みも・・・。
で、こう言うの好きですからULAを自作してみようと思ったわけです。
ところが自作用の元ネタとなる材料が流石に今となってはオークションを覗いても殆ど無い(もしくはあっても相場が高くなっている)。

現在1点入札中ですが・・・(現状は出品時の1円のまま。あともう1点1500円で出ているのもあってこっちは入札無し(実はこっちは一回流れている))。
どうなるかしらん。

あと現在問い合わせ中なのですが、CR2025タブ付き電池を売っている店を発見(CR2032タブ付きなら数店見つけたのですが)。
CR2032タブ付きは軒並み1個400円以上(450円前後)と高く、更に2032だとGBAカセット等に入らない可能性が高いので2025か2016もしくは1616のタブ付きを探していたのですがやっとの事で2025を見つけました。
ただHPの更新日付が古く、実際に在庫があるかどうか不明なので問い合わせ中です。
こっちは1個260円なので100均で買うCR2025と比べれば高いですが、やはり見栄えや安全性を考えると260円なら悪くないかな、と思っています。
在庫あると良いなぁ・・・。

|

« 陸上競技大会 | トップページ | タブ付きコイン電池のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陸上競技大会 | トップページ | タブ付きコイン電池のその後 »