« 成果 | トップページ | 夢が現実にっ! »

2008年12月 2日 (火)

地デジ

12月1日からついに自宅が地デジ対応にっ。
まぁテレビは変えていない(今までのブラウン管の4:3の画面の奴)ので16:9の画面になってかえって見難くなった気もしますが(苦笑)。
テレビは来年ですね。
今年はプラズマテレビは再編成があり(日立,パイオニアが自社パネルの製造を止めてPanasonicからのOEM(共同開発)になる)、また液晶パネルについても今年主流の倍速駆動から4倍速駆動品が出て来るはずなので(SONYは出しましたけど)来年の夏商戦か冬商戦くらいに40インチ前後(一応候補としては37,40,42,46くらいまで。50インチはデカ過ぎる)を狙います。
それにしても液晶&プラズマTVは安くなりましたね。
40インチあたりだと安いモデルなら15万円くらいからありますし(上を見ると30万円超えてますけど)。
個人的にはプラズマTV(液晶に押されてますね)が欲しいんですけどね。

将来的には有機EL、SED、FEDの大型TVが出てきそうですけど(有機ELとFEDはSONYが噛んでいるので発売も早そう?。高そうだけど)ここ5年くらいは液晶とプラズマがお互い切磋琢磨して消費電力の低減、コスト削減、画質向上に取り組んでくるでしょうね。
まぁ現在のハイビジョンも子供達が大人になるころ(試験放送開始予定だと後7年後(!))にはSuper Hi-Visionになっていて時代遅れになっているでしょうけれど。

|

« 成果 | トップページ | 夢が現実にっ! »

コメント

PLCの方だけだとアレなので、こちらにもコメントを…。
うちは、ビル影対策の共同受信なので、地デジ対応が難しい。共同受信がそのまま地デジ対応してくれれば言うことないのですが、放送波をVHFへ変換しているので、地デジ完全移行で共同受信終了の可能性が高いです。
地デジアンテナ立てて、ちゃんと見えるのか不安だし、共同受信が地デジ対応する可能性の皆無と言うわけでもないので、アナログでギリギリまで粘るつもりです。(地デジは事実上ダビング不可なのが嫌。)
HDDレコーダーのアナログ放送機能が貧弱(番組表機能が使えない)なので、とっとと地デジに変えるべきなのかもしれませんが、やっぱり、アナログ放送を残してもらうのが一番幸せなんですよねえ。

投稿: WA | 2008年12月31日 (水) 14時02分

(WA)さん、お久しいぶりです。
家も中部電力の電波障害地域で共同受信でした。
その共同受信がケーブルになり、ケーブルテレビ会社が出来て、アナログ放送自体は無償で配信されていたのですが(地上デジタル放送も2011年までは無償で配信されていますがこれは保障されないそう)やはり2011年の地デジ移行で無償の配信は無くなりそうです。
これはアナログは共同受信でないと映らないチャンネルが多かったのに対し、地デジはアンテナさえ立てればちゃんと映るから、と言うことらしいです。
(WA)さんのところで仮にアンテナ立ててちゃんと映ったとしても不必要な出費を強いられると言うことには変わりないですね。
アナログ停波は個人的には予定通り行かないと思いますが最終的には(例えば1~2年延びたとしても)停波されるでしょうから、それまでには少なくとも現在アナログ放送が受信出来ている場所では全て地デジが受信出来る環境を整えてほしいですね。

投稿: TETU | 2009年1月 4日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成果 | トップページ | 夢が現実にっ! »