« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の7件の記事

2009年1月31日 (土)

ベンチマークの結果は・・・

エレコムのMF-HU202GSVは本日到着。
早速ベンチマークです。
GreenHouseの奴とInnoの奴は前回のベンチ結果そのままです。

Innodisk1gb Picoboost2gb 2gb

左から順にInnoDisk 1GB,PicoBoost 2GB,エレコム2GB

やったっ!、エレコム当たりです。
う~ん、こんな事なら最初からエレコムの奴買えば良かった・・・・。

と、まぁ、エレコムのメモリはなんとか当たりで、今までの1GBの奴よりも速いと言うことが分かりましたが、持ち運びと言う意味では今までのiNNODiskの1GBが一番(もっと小さいのも買ったけど、これはこれで無くしそうで)。
で、ネットで物色していたところ、同型の128MBのUSBメモリが在庫処分で1個180円で出ていました。
180円は安いんだけど、送料が630円・・・。
う~ん、どうしよう。
今まで使ってたのInnoの奴のケースだけ交換出来ればOKなんだが。
10個くらい買って1個あたりの送料を安くするか・・・って今更128MBのUSBメモリを10個も買ってどうするんだ、と言う話ですね。
どうしよう・・・(既に買う気満々です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

2GBで(以下略)

先日、高速のUSBメモリとして購入したグリーンハウスのPicoBoost(GH-UFD2GBS)ですが、ベンチマークの通り、512KB,4KBのRANDOM Writeが遅い。
今まで使っていた1GBよりもワンテンポ遅れる感じです。
勿論、容量の大きなファイルの場合は速いです。
でも私の使い方だと遅さが目についてしまいます。
で、お金無いのに今度はエレコムのMF-HU202GSVを注文。
当たりが来れば4KBのRANDOMアクセスもそこそこ(少なくとも私が今まで使っていた1GBのメモリよりは)速く、シーケンシャルR/Wもそれなりに(PICOBOOST程ではないもののPICOBOOST×0.8~0.9くらい)速い、と言う奴なので、今度こそっ、お願い、当たりであって下さいっ、って感じです。
ベンチマークは手元に届き次第。
なお、ベンチマークを行っているマシンは結構古いので、会社で使っているPCでベンチを取ると1割弱値が良くなります。
それでも同じマシンでベンチを取っているので性能比と言う意味では問題ないですね。

あ、因みに2GBで1491円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

2GBで2680円っ!

楽天のポイントが1000ポイント程溜まっていたのですが、期限有りが殆ど(尚且つ期限が1月末)と言う状況だったので、かねてより購入予定だった、高速タイプのUSBメモリを購入。
※現在使っている1GBのUSBメモリも既に2年半くらい毎日使っているので・・・。

購入したのはGREEN HOUSEのPico Boost(GH-UFD2GBS)。
最安値店で購入したので送料も含めて支払い金額は1916円(1004Point使用後)。
さて、その性能はどの程度のものか。

ってな訳で今まで使っていた1GBとの性能測定対決。
使ったソフトはCrystalDiskMark 2.2。

で、結果ですが・・・。

Innodisk1gb Picoboost2gb

う~む、確かにReadは速いですな。
シーケンシャルRead/Writeは3倍程。
512KBのRANDOM Readは4倍以上。
4KBのRANDOM Readは実に40倍以上。
ただしここからが・・・。
512KBのRANDOM Writeはほぼ互角。
4KBにいたっては0.6倍くらいと遅くなってるっ。

確かに速いのですが、微妙です。
ま、今まで使っていた1GBは外装がプラでUSB差込口のところが既に割れちゃってるし、新しいのを使いましょうかね。

しかし容量だけならこの金額だせば16GBのUSBメモリも買えるってあたり、素人には「なんでこっちの安いの買わないの?」って言われる部分ですね。
で、「SLCがなんやらMLCがなんやら」と説明しても「ふーん」ってだけで。
寿命と速度を考えると割高でもSLC採用の奴買わないとなぁ、と思っている次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

16GBで1999円っ!

16GBのSDHCカードが安かったので購入(別の物を買ったついで)。
PQIのClass6のSDHCカード。
1999円。
いやもうSDカードはめちゃ安くなりましたね。
16GBですよ、16GB。

3年半程前のログを見ると
「SDメモリカード1GB、3355円」
「1年半くらい前に256MBのSDメモリを買った時に「1万円ちょっと。安いっ!」」
1年半くらい前のログには
「SDメモリカード2GB、2299円」
半年前は
「SDHCメモリカード4GB、1399円」
って書いてあります。

PQI自体は信頼性の面でどうかなぁ~と思わなくもないですが、今のところ問題無さそうです。
EX-Z500(CASIOの500万画素デジカメ)に入れたら5000枚以上撮れるって出ました。
5000枚・・・24枚撮りのフィルム換算で200本以上です。
すげぇ。
でもバックアップは死ぬほど時間かかりそうだ。

4GBのSDHCカードは長男のNintendoDSiに挿入されました(笑)。
4GBも使えないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

病2

先日はRICOHのR10を物色してみたが、どうせ買うなら一眼を・・・とか思い描きつつ、でもそんな金は無いっと心が叫ぶ。
で、今度はEX-FH20の時に対抗馬に書いた、OLYMPUSのSP-565UZ。
価格.comで調べると現状最安値は34000円弱。R10に比べると11000円くらい高い・・・。
でもっ、性能的には広角側も26mmとR10よりも広角だし、望遠側は比べるまでも無く520mmと大望遠。
その他のスペックだって劣ってない(画質的にはPanasonicのFZ28の方が確実に良さげだけど・・・)。
何より単三電池が使える(今でもOLYMPUSのC-3100Zoom使ってるけどやっぱり乾電池はいざと言う時便利)。

サイズ的には(W×H×D)、

 SP-565UZ  :116mm×83.3mm×80.8mm 重量373g
 C-3100Zoom:110mm×76.0mm×70.0mm 重量300g

と、C-3100Zoomと比べて幅で6mm、高さで7.3mm、厚さで10.8mm大きい。一回り大きいって感じですが、大差無いとも言える範囲。
勿論、R10とかと比べれば『でっかい』ですけどね。
電池入れると400gを楽に越えるのはちと重いかも知れませんが。

R10の時のようにメディア(microSDHCが使えるアダプタ付属)やら液晶保護フィルタやらケースやらを購入するとなると4万円越えてしまうんで更に財布との相談が必要だけど、20倍望遠かぁ・・・。

◆見積り
SP-565UZ本体:34500円(某所:送料は1月12日まで無料)。
長期(3年)保証:2000円
8GBのmicroSDHC:1499円(某所:送料は別途210円)。
ケース:5292円(某所:送料無料)

やっぱ4万円超えるなぁ。ケースが高いね・・・。
本体買おうとしている某所では1月12日まで10回分割払い金利0%やってるんだよね・・・。
毎月3450円か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

CATVで地デジをアナログで再配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090107-00000074-yom-bus_all
予想通りの動き。
とりあえず家はCATVなので今のPCのアナログキャプチャーカードが2011年7月以降も使えます(まぁその頃には古くなってて使っていないかも知れませんが)。
ただCATVに加入出来るような家庭なら2011年までに大半が地デジ視聴環境へ以降してるんじゃないでしょうかねぇ。
2台目、3台目のTV用にはいいかも知れないけど。

CATVへの加入を促すと言う目的があるなら、CATV会社へだけでなく加入者の方へも補助金使ってもう少し安くして欲しい。
家の方だと地デジの現在月額を一番安く済ませようと思っても2755円(家はSTBを買い取っているし、ネットも同時に加入しているので割引があってもう少し安いけど(でもチャンネル数も増やす契約になっているので大差無い))。
年額にすると3万円を超えます。
民放地デジのみの視聴なら月額1000円でも高い気がする(受信する側の意見ね。放送する側(CATV会社)からすれば「もっとコストかかるんだよっ」って言うかも知れないけど)。
少なくとも工事費とかSTBの買取とか一回で済むものは補助を出して0円(かかるのは月額使用料のみ)としてくれれば(家はもう入っちゃってるからメリット無いけど)入り易いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

時々感染してしまう「新しいデジカメ欲しい病」。
自然治癒してしまう場合もあるのですが、今回は中々治癒しません(まぁ自然治癒する場合も、主に金銭的な理由により治癒したように見えるだけなんですが)。

ちょっと前までは「20倍望遠」っ!ってことでカシオのEX-FH20が欲しかったのですがこの手のカメラとしては確かに安いものの、やはり少々お高い。
そこで望遠性能は三分の一程度になってしまいますが、広角側も28mmで、評判も良く、価格もこなれてきたRICOHのR10が欲しくなっています。
こちらは7.1倍望遠(28mm~200mm。35mm換算だと5.7倍くらい)。
価格的にも安い店なら本体のみで23000円弱。

同じような性能でOLYMPUSのμ1060はもう少し安いのですが、こいつは同じ7.1倍でも36mm~260mmと望遠側に振られておりそれをどう取るかで候補になるかならないかが変ります。
私個人としては望遠側が300mmくらいあると嬉しいのに加えて広角側も28mmだと室内とかで広い範囲が撮れて嬉しいので微妙にR10です。

FinePix F100fdは性能的にも価格的にもR10と並ぶのですがやはり望遠が5倍(140mm)と言うのがちょっと購入意欲を削ぐ部分です。

そんなわけでR10の今の見積りはこれくらい。
某所で2GBのSDメモリ付きで22700円(4GBのSDHC付きで24000円)。
送料が735円なので22700円の方で23435円(年末までは無料キャンペーンやってたんですけどね)。
※なんで4GBのSDHCの方にしないのかは簡単で価格差1300円あれば4GBのSDHCなら今や2枚買えるから。
これに長期(3年)保証1000円を付けて合計が24435円。
ソフトケースも欲しくて+3300円で購入しようかどうしようか迷うところだけど、アマゾンで3000円以下(2990円ですが)で購入出来るので(当然ながら1500円以上なので送料は無料)僅か310円の差ですがそちらをチョイス。
本当は2GBのSDメモリは要らないのでもうちょっと安くして欲しいところだけど(メモリレスで-700円なら是非そうして欲しい)無理なのでトランセンドの8GBのSDHCを別途上海問屋で購入(送料込みで1609円)。
これで総額は30000円を切る29034円。
これにR10購入店かSDHC購入店が両方共楽天へ店を出しているのでどちらかのお店でPoint(僅かですが)を使えば500円程度は引けるから最終価格は28500円くらい。

さて、財布と相談することにしよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »