« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の6件の記事

2009年5月26日 (火)

ダブル定額スーパーライトの存在意義

2009年8月よりauの新しいパケット定額プラン『ダブル定額スーパーライト』が登場します。
で、自分なりに計算してみました。

ダブル定額各種無し
 パケット通信料 0.21円/パケット
ダブル定額スーパーライト
 定額料 390円
 パケット通信料 0.105円/パケット
ダブル定額ライト
 定額料 1050円
 パケット通信料 0.084円/パケット
ダブル定額
 定額料 2100円
 パケット通信料 0.0525円/パケット

各定額料はパケット無料通信料に割り当てられるとの事なので、単純に定額料分のパケット数を計算すると、
 ダブル定額スーパーライト 390÷0.105≒3714パケット ※割り切れないので端数切捨て
 ダブル定額ライト     1050÷0.084=12500パケット
 ダブル定額        2100÷0.0525=40000パケット
となります。

次に各定額プランの定額料金から何パケットまでなら得かを計算します。
ダブル定額スーパーライトの定額料は390円なので、これを定額プラン無しの場合の1パケットあたりの料金で割ると、390÷0.21≒1857パケット。
つまり1857パケット未満の人はわざわざ定額プランに入る必要はありません。
同様にダブル定額ライトの定額料は1050円なのでこれをスーパーライトの1パケットあたりの料金で割ると、1050÷0.105=10000と9999パケットまでならスーパーライトの方が総支払額は少なくて済みます。
つまり3714~9999パケットまでならスーパーライトも有り、と言うことになります。
今度は同じ事をライトプランで計算します。
2100÷0.084=25000。
と言うことで先ほどの計算と合わせると10000~24999パケットの人はライトが総支払額が安く済みます。

ここまでの結果から言うと、

・毎月EzWebやE-Mailで使うパケット数が1857パケット(およそ232KB)に満たない人は定額プラン不要
・毎月1858~10000パケット使う人にはスーパーライト
・毎月コンスタントに10000~24999パケット使う人はライト
・絶対に25000パケット未満に収まらないと言う人はダブル定額

となります。

但し、音声通話発信やCメール発信を使わないよ(主に着信のみ)、と言う人は携帯の無料通話分、と言うものがありますので、それをパケット代に使うと言う考え方もあります。
例えばプランSSの場合、無料通話料は1050円分です。
これを定額プラン未加入の1パケット代0.21円で割ると5000パケット分に相当します。

つまり発信を基本的にはしないけど、EzWebやE-Mailの送受信はちょっとする、と言う人で月5000+スーパーライトの定額料金分のパケット数1857=6857パケット以内に収まる場合は定額プランは不要となります。

更に言えばプランSSからプランSにした場合なら実際の支払い金額UPは577円。
これで2100円無料通話が可能なので、全てパケット代にすると10000パケット。
ダブル定額ライトとの差額は1050-577=473円。
473÷0.21=2252パケット。と言うことで12252パケットまでなら、プランSにして定額プラン未加入がお得、と言うことになります。
因みにプランMの場合は1575円Upで無料通話が4252円分。ですが、その無料通話分とダブル定額の差額分を全てパケット代に変えてもダブル定額ライトの方がお得なので、これ以降は無し。

それでは、プランSの場合の下限は?。
スーパーライトはそれに加入だけだと3714パケット分です。
プランSの場合の料金2467円とスーパーライト加入のプランSSの差額は2467-2280=187円。
187円をスーパーライトのパケット単価で割ると187÷0.105=1780パケット。
合計3714+1780=5494パケット分までならプランSに加入するより安く上がります。
ん?、プランSSの場合6857パケットまでならスーパーライトに加入する必要が無かったはず。
と言うことは・・・。

1.毎月7747パケット未満の場合はプランSSで十分                1890~2466円
2.毎月7747~12252パケット使う人はプランS                  2467~2939円
3.毎月コンスタントに12253~24999パケット使う人はプランSSにダブル定額ライト 2940~3989円
4.毎月絶対に25000パケット未満に収まらないと言う人はプランSSにダブル定額   3990~6300円

となります。
えースーパーライトがありませんね・・・。
これを見る限りではスーパーライトの存在意義はあまりありません。
ちょっとE-Mail(添付無し)をしたりちょっと電話かけたりするだけならプランSSで十分でしょうし(私なんか基本的に家族間の通話かCメールが主でちょっとE-Mailするくらいなので無料通話分も余る)、そこそこ使う人にはスーパーライトを使う場合の上限パケット数なんてすぐに突破するでしょうから。むしろプランSの方が使い出がありそう。
もちろん、音声通話が主、と言う人なら意味はありますが・・・・。
毎月390円払っておけば間違って使いすぎた場合でもMax6300円で済む、と言うおまじないのような感じがします。

ただ、auの場合、月末(25日くらい)にネットなどで契約変更すればその月初まで遡って適用してくれる、と言うのを知っていればそれから定額プラン加入すればOKなんですよねぇ。あんまり月末ギリギリだとその月の適用がされない場合もありますが。
また加入申請して丸1日くらい経たないと契約完了にならないので、加入申請→即解約、が出来ないのでやはり遅くとも25日くらいまでにはチェックが必要です。

嫁さんの場合は、2or3なんですね(殆ど3)。
ただ1→2については基本契約プランの変更なので基本的にはやらない、と言うことでやはりダブル定額ライトに加入と言う事になりそうです。音声通話もそこそこしてるみたいだし。
パケット定額の定額料金も翌月に繰り越せれば良いんですけどねぇ。

※計算がおかしかったらコメント等でご指摘下さい(^^;

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月)

auの「安心ケータイサポート」を解約する。

去年の5月に機種変更した際に条件として「安心ケータイサポート」加入があった。
とりあえずすぐに解約しても良かったのだけれど、ざっと計算した結果、今月(2年目突入)まで加入。
「安心ケータイサポート」は月額300円(税別)で以下のサービスが受けられる。

・5年保証サービス(安心ケータイサポート未加入だと3年)
・修理代金割引サービス(全額補償)(安心ケータイサポート未加入だと5250円)
・水濡れ・全損時リニューアルサービス(5250円)(安心ケータイサポート未加入だと10500円)
・紛失時あんしんサービス(フルサポート解除料100%OFF等)
・電池パック無料サービス 同一機種1年で1個、更に3年でもう1個
・無事故ポイントバック 無事故1年で1000ポイント

まぁ正直言って、防水携帯だったし、今までの経験上、上3つは使わないであろうと思いました(実際使わなかった)。
このサービスにかかる年額は、月額300円で契約した最初の月は無料なので今月までで12ヵ月=12×300=3600円。
で、下2つのサービスで電池パックが2000円+ポイントが1000ポイント=1000円=3000円。
3600-3000=600円。600÷12ヵ月=50円/月。
と言うことで、使わないであろう上3つを月額50円ならまぁ納得出来るかな?、と言うことで1年継続しました。

正直言えばバッテリーは結構持つので(今でも充電して3~4日は持つ)バッテリー1個貰うよりはポイントで3000ポイント貰える方が嬉しかったけど。
嫁さんのと合わせて来月から300×2=600(税別なので実際は630円)支払いが減ります。
でも嫁さんがパケット通信を結構使う(メールが主ですが画像添付があるメールの送受信をちょこちょこしている模様)ので、パケット定額サービスに入る予定なので(今までは月末頃にチェックして、ダブル定額ライトの方が安くなりそうな場合加入してすぐに解約、と言う風にしていた)、結果的には+400円(税込みで420円)増えますが。

と思ったら今日、ダブル定額スーパーライトと言う月額390円のサービスが発表になりましたね。
ただ、これ、嫁さんの使い方からすると微妙です。
嫁さんは大体毎月12500パケット前後。そうすると0.105円/パケットのスーパーライトだとダブル定額ライトの1050円を超えちゃうんですね。
10000パケット未満なら使えるプランなので、やはり毎月月末近くに判断して、加入→加入確定→解約、ってやるのが吉みたいです。
しかしどのキャリアも上限が4410円なんですが、これを下げるっていうキャリアは出てこないんでしょうかね?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

iQスポーツ勝手に予想 その2

iQベースのスポーツカーですが
「2クラス大きな車種にも採用されるより大きなエンジン」
との事なので、1.8Lくらいのエンジンが搭載されるかも知れません。
う~ん、今のトヨタの1.8Lクラスでそこそこ良さそうなのは新型WISHに搭載された2ZR-FAEでしょうか?。
出来れば2ZR-GEとかにして欲しかったり。
現状の最高出力(144ps/6400rpm)をもう少し高回転側に降って150ps/7000rpmくらいにしたら凄そうですね。

車体重量はちょっと重くなりそうですが(900~950kgくらいか?)、仮に950kgだとしても150psあればパワーウェイトレシオは6.3kg/ps。
900kgならジャスト6kg/psです。
ただ値段も高くなりそうで、やはり「200万円以下」と言うくらいにはなっちゃうのかな?。
個人的には1.3L(100ps)くらいで軽量コンパクトな車の方が面白いと思うんですけどね。
来年の話らしいので、今年末の東京モーターショウにプロトが出るかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

iQスポーツ勝手に予想

iQスポーツ勝手に予想。

ベースはiQ(これは報道の通り)。
6MTが載ると言うことから欧州仕様の1.3L MT仕様がベース車両だと思う。
エンジンは1NR-FEで排気量1329cc。デュアルVVT-iで出力は100ps。
これをファインチューン(マフラーやコンピューターでのチューン)で+5~10ps程度を見込む。
で、この車にはアイドリングストップ機能が組み込まれているので当然これも搭載。
iQの車両重量は890kgなので、スポーツカー仕様と言うことでリアシート取り外し等の軽量化を施し850kg程度にする。
そうするとパワーウェイトレシオは850÷105≒8.1kg/ps。840kgまで落とせば8kg/ps。840kg&106psなら7.93kg/psと7kg台になる。
結構良さげ。
元々iQは3ドアなので、iQスポーツもそのままの3ドア。
もしくは2ドアオープン。
ボディはiQのイメージは残すもののスポーツカールックにする(全長は少し延ばして3.1m程度。これはエアロ分)。
足回りはMR-S最終版のようなネコ足(ガチガチにはしない)。
これで車両本体価格は160万円(オープンの場合は+10~20万円くらい)。
どうだろう。
可能なら6MTとは別にカジュアルなCVTバージョンか6SMTバージョンも出ると面白いかな?。
まぁ6MT onlyでも良いけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iQスポーツ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000051-mai-bus_all

これってどんな車なんでしょうかね?。
iQ1.3の6MT車(まだ出ていませんが)をベースにしたオープンモデルが出るら
しいってのは知っていましたがこれは「スポーツカー」と言うにはちょっと違
う気がしますし。

単純に考えるとトヨタS800的な車が思い浮かびますが、どうなんですかね?
まぁ上のiQのリアシートを取っ払って2シーター化して足回りの見直しを行っ
て、もう少し全高を落としてデザインをスポーツカー的にしたような車なのか
なぁ。
200万円以下、と言う価格設定がちょっと謎ですね(現在のiQでも150万円なの
で何をどうしたら200万円近くになるのか謎)。
ひょっとして次のVITZに出るって言われている1.5ターボ?を先行搭載?

どちらにしろ楽しくて安い車なら面白そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

Windows7 RCを入れてみた

会社のPCのVirtual PC 2007上にWindows7 RCを入れてみた。
特に問題無く30分程度で導入完了。
をぉ、Vistaより使いやすい(笑)。
Windows7rc_6
とりあえず画面はこんな感じ。
VirtualPC上でメモリ512MB設定だけど、特に遅さは(当然だけど、沢山のプログラムの同時起動はしないと言う前提で)感じない。
これならちょっと前のノートPCとかでも大丈夫そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »