« PayPal日本進出? | トップページ | ゾンビになりませんよーに »

2009年6月22日 (月)

改造プラグインプリウスを見て思う事

http://response.jp/issue/2009/0614/article125922_1.html
これ、ベンチャー企業がやって日本円で約123万円との事ですが、それじゃ、
同じ事をトヨタがやったら、って考えると恐らく量産効果も考慮すると半額く
らいで出来そうですよね。
そうすると現行プリウスのLの205万に+60万円程度=270万円未満で、
・EVモードで最高速100km/h超
・EVモードで40km走行可能
のプリウスが出来る事になります。

実際はトヨタはここまでの性能ではなく、もう少しリーズナブルなプラグイン
プリウスを今年中にリリース予定みたいですけどね。
今のところ予想としては、
・価格は上の奴よりもう少し高い300万円強(一般的に市販する際には恐らく
 250万円程度?)
・EVモードでの走行距離は20km程度(マージンたっぷりのはず。電池寿命を考
 えなければ40kmくらい楽勝でしょう)
・EVモードでの最高速度は一般道での使用を想定してせいぜい80km/hくらいま
 で(これもマージンたっぷり)。

プラグイン版プリウスは現在のEVと同じく国の補助金が利用出来るようになる
と思うので(憶測です)、ベース車両との差額の半額が補助されると思います。
で、仮にプリウスのLグレード(205万円)がベースとしてプラグインハイブリ
ッドが250万円とすると差額が45万円で補助金が22.5万円。
結果的に227.5万円でプラグインハイブリッドが買える事になります。

個人的にはプリウスワゴンが3列シートで(これ、嫁さんの現状の絶対条件な
ので)プラグインで、プリウス+15万円くらいなら欲しいかなぁ。

|

« PayPal日本進出? | トップページ | ゾンビになりませんよーに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/45419637

この記事へのトラックバック一覧です: 改造プラグインプリウスを見て思う事:

« PayPal日本進出? | トップページ | ゾンビになりませんよーに »