« 環境税について(暫定税率も) | トップページ | 今度こそ”本当”に最後のソフト? »

2009年11月12日 (木)

来年の裁判員

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009111200058

35万人弱の人に届くんですね。
本当にざっとですが、現在、日本の20歳以上はおよそ1億400万人くらいなので
104000000÷350000≒=297。
300人に1人くらいの割合です。

家の長男の学校は生徒数が820人くらい。
その両親と祖父母が対象と考えると単純に計算すると6倍ですが兄弟も多いで
しょうし、既に祖父母が他界されている方もいらっしゃるでしょうから、非常
に少なく見積もって三分の一の2倍=1600人。1600/300≒5.3人。
まぁ1学年に1人くらいは長男の小学校のPTAから選ばれる計算になります(あく
までも計算上での話し。実際は都道府県別で割合が変わってくるでしょうけれ
ど)。多いのか少ないのか分かりませんが、とりあえず覚悟だけはしておきま
す。
正直、裁判員になることよりも守秘義務の方が辛い気がします。

|

« 環境税について(暫定税率も) | トップページ | 今度こそ”本当”に最後のソフト? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/46741893

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の裁判員:

« 環境税について(暫定税率も) | トップページ | 今度こそ”本当”に最後のソフト? »