« 松坂屋名古屋駅店閉店 | トップページ | がんばれSNK »

2010年2月26日 (金)

北米版ポケットモンスタープラチナ再度購入(偽物との比較付き)

北米版のポケットモンスター プラチナを再度入手しました(今度は本物ですよ)。
これで、北米版のプラチナ、ダイヤモンド、パールが揃いました(日本版プラチナ持ってないのに・・・。いや、私が個人的に持ってないだけで、家にはあるんですけどね)。
パールは未開封です(北米Amazonで買いましたので、偽物って事は100%無いです)。

HG/SSは4月発売です。う~ん、HG(北米版)買おうかなぁ(日本版HG持ってないのに・・・)。

さて本物の北米版プラチナが手に入ったので、以前偽プラチナでプレイしたところまでのセーブデータをぶち込んで見る事にします。
偽のセーブデータは本物のセーブデータの二倍の容量がありますんで、半分にぶった切って512KBにします。
方法はバイナリエディタでも自作プログラム(バイナリモードでopenして先頭から512KB分をバッファに取り込んで新規ファイルをopenしてwriteしてcloseです、簡単(^^;)でもなんでもOKです。

念のため、書き込み前のセーブデータを保存。
上で作成したセーブデータの書き込み。
確認。
OKっ!!。

ちゃんと以前のデータでプレイ開始出来ました。
まぁWi-Fi受信が出来るところまでしかプレイしていなかったので、”Oak's Letter”以外はどうでも良いと言えばどうでも良いのですが・・・。

次は(偽)との比較をしてみたいと思います。
※以前の記事はこちら→http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/ds-4dec.html
以下画像は左が本物、右が偽、です。
【注意!】あくまでも私が入手出来た物の比較ですので、本物偽物が全て以下のような状態では無い場合があります。

●パッケージ
Plt_usa1 Plt_usa2 Plt_usa3
写真では判り辛いですが、少なくとも私の入手した偽物は見た目にコピーです。
ただここまで露骨にコピーとは分からない物もあるようです。
またケースの色が違いますが、白色のケース自体は多分本物です。
但し北米版では(多分)存在しないので、偽物と見分ける基準にはなります(が、白色だからと言って、必ずしも偽物とは限りません。また黒色だからと言って必ずしも本物とは限りませんが)。
【参考】
UK版プラチナです。白色(半透明)ケースです。
Plutinum_uk

●ブックレット(取説)
Plt_usa4
パッケージとは違い、単品で見たら分からないです。ただ本物と見比べると印刷が薄い感じだしコピー感はします。
因みに仮に本物を新品で買えば以下のようなポイントカードやチラシ等も入っているはずです。
Plt_usa5
●カード
Plt_usa6 Plt_usa7
こちらもパッケージとは違い、単品で見ると分からないかも。
でも並べて見るとやはり偽の方が印刷が粗いですね。
良く分かるのが「DS」の後の”TM”や「The Pokemon Company」の部分。

端子部分も違います。因みに偽の方は端子部分から覗く基板のシルク印刷に「nintendo」と言う文字が見えますが、実物にはそんな文字はありません。
また、以前も書いたように裏側の”Nintendo””NTR-005 PAT.PEND.”の文字が若干太いです。
写真では分かりませんが、持った時に偽物は軽いです。プラの材質も違う感じでなんか薄い感じがしますね。

でもやはり単品で見た時には気がつかないと思います。

|

« 松坂屋名古屋駅店閉店 | トップページ | がんばれSNK »

コメント

もっと比較画像を増やしてください
画質をよくして見分けがつくように撮ってください

投稿: ナメクジ | 2015年1月23日 (金) 13時08分

ナメクジ様

コメントありがとうございました。
ただ、既に5年近く前の記事ですので、偽物も既に存在していないかと思います。
PCから見れば画像クリックで拡大出来ますし、本記事中にある「以前の記事」ページからは別の画像も見られますので(それらも同様にクリックで拡大出来ます)そちらをご覧ください。

新たに画像を追加する予定はございません。ご了承ください。

投稿: TETU@管理人 | 2015年1月23日 (金) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/47665882

この記事へのトラックバック一覧です: 北米版ポケットモンスタープラチナ再度購入(偽物との比較付き):

« 松坂屋名古屋駅店閉店 | トップページ | がんばれSNK »