« ステファンGP参戦ならず | トップページ | アストンマーチン シグネット »

2010年3月 5日 (金)

SMS改のDUMP速度について(謎)

以前(と言ってもまだ3ヶ月くらいしか経っていませんが↓)、
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/smssms2-d501.html
SMS改のSMS2モドキでパールのROMを吸い出したときに、

>58MB(実際のサイズは61419520バイト≒58.57MB)を吸い出すのに、ほぼ3時間(3時間0分22秒)かかりました。
>一応、SMSでセーブデータを吸い出したときの速度からだいたい想像していたので驚きはありませんでしたが、遅いですね。

と書きましたが、自宅のメイン(と言う名のほぼ隠居機)のPCで吸出しを行ったところ、ほぼ30分(30分37秒)で終わりました。
約6倍の速度です(吸い出したのはダイヤモンドですがサイズは全く同じ)。

確かにいつも使っているノートPCはPentiumMの1.7GHz。
メインPCは今となっては早くも無いけどそれでもDualCoreのAthlon X2 BE-2400(2.3GHz)。
メモリ速度もHDDの速度も雲泥の差があるとは言え、同じUSB(USB2.0対応)に繋いで6倍も違うとは・・・。

何が違うのか調査の予定。
感覚的にはUSB1.1とUSB2.0の差のような気もするんですが、実はSMSは、
「USB(Universal Serial Bus)コントローラ」
に繋がる機器では無く(NDS Adaptorはこれに繋がるUSB機器)、
「ヒューマン インターフェイス デバイス」
に繋がる機器なのです。

そう、USBマウスとかUSBキーボードと同じ扱い。
この辺りに鍵がありそうな・・・・気だけします(^^;。

|

« ステファンGP参戦ならず | トップページ | アストンマーチン シグネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/47730023

この記事へのトラックバック一覧です: SMS改のDUMP速度について(謎):

« ステファンGP参戦ならず | トップページ | アストンマーチン シグネット »