« 悪徳商法? | トップページ | The Legendary Trio of Johto!(Shiny ENTEI)受け取りました »

2011年2月14日 (月)

フリーのおえかきソフトを試してみる

次男坊が学校のパソコン授業で、KidPix3を使っているようで、家でも色々描きたい、と言い出しました。
しかしながらKidPixは既に日本語版の販売は無く、最新版はMacOS用のみのようです。

いろいろ探して、「えかきのたまご」と「TuxPaint」に行き当たりました(フリーソフトで探した結果)。

どちらもインターフェイスはシンプルで、すぐに使えるようになると思いましたが、TuxPaintの方が開発が継続されていて(GPLなので)また、自分でスタンプを追加するのも容易そうなので、まずはこっちを導入。
http://tuxpaint.org/

初期画面はこんな感じ。
Tuxpaintmain

画面サイズ等は「tuxpaint-config.exe」で設定出来ます(細かい設定はこれで行う)。
Tuxpaint_config

次男は凄い勢いで数枚の絵を完成させ、印刷して楽しんでいました。

スタンプは透過指定したPNGファイルをstampsフォルダに(必要であれば更にフォルダを作って)追加するだけ。
説明文を出したければPNGファイルと同名のTXTファイルを作成(サンプルはStampファイルを追加インストールすればいっぱいあります)。
また詳しい説明はありませんが、やはりPNGファイルと同名のDATファイルを作ればスタンプの制御(反転出来ないとかそういう制御)。

初期の背景画も追加出来そうですし、2枚の画像を重ねて表示させて、手前の画像にはスタンプ等が張り付かない(例えば背景の手前に木の画像を重ねれば線やスタンプを押しても木の後ろに隠れる)等も出来るようです(まだ試してない)。

マルチプラットフォームなので、LinuxでもFreeBSDでもMacでもWindowsでも動きます。

思い通りに絵を描く、と言う使い方には向かないかも知れませんが、幼児~小学生くらいが何か描きたい、と言う時にはなかなか良いツールだと思います。

|

« 悪徳商法? | トップページ | The Legendary Trio of Johto!(Shiny ENTEI)受け取りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/50869739

この記事へのトラックバック一覧です: フリーのおえかきソフトを試してみる:

« 悪徳商法? | トップページ | The Legendary Trio of Johto!(Shiny ENTEI)受け取りました »