« ポケウォーカー500万歩突破 | トップページ | アルカリ電池でしか使えないなら・・・ »

2011年5月30日 (月)

F1(がんばれ可夢偉っ!)

F1も第6戦まで終わり、今のところ、レッドブルが断トツで1位、それを負うマクラーレン、ちょっと離れてフェラーリ、と言う感じですね。

第二集団は、ロータス・ルノーGP、メルセデスGP、ザウバー
第三集団が、フォース・インディアナ、トロ・ロッソ、少し離れてウィリアムズ、
去年参戦の新参3チームはまだまだ難しい感じです。

とにかく、セバスチャン・ベッテルが速すぎますね。
6戦中5勝(2位が1回)。
マクラーレンのハミルトンやバトン、フェラーリではアロンソが頑張ってはいますが、速さの次元が違います。
マクラーレンもフェラーリもどんどん改良を加えて速くはなっていますが、もう少しかかりそうですね。

唯一の日本人ドライバーである小林可夢偉は第1戦のみノーポイント(でも車体の車検違反が無ければここでもポイント獲得していた)で2~6戦は全てポイントを取得しています。
現在、1~6戦まで全レースポイント取得しているのは、上位5人のみ(ベッテル、ハミルトン、ウェバー、バトン、アロンソ)。
可夢偉までの6~9位では、ハイドフェルドは2戦、ロズベルグとマッサとペトロフは3戦、がノーポイントです。
これを考えると、可夢偉は凄いですね。
もちろん、昨年より信頼性も速さも上がっているザウバーの車のおかげでもあるんですが、それでも毎回Q3まで出走出来ている訳ではありませんし(むしろQ3まで行けていない事が結構ある)。

来年は勝てるチームへの移籍を狙っているようですが、成績だけ見れば可能性有ですね。
ただ、レッドブル、マクラーレンの2人は現状では移籍や引退の要素はありませんし(フェラーリがもっと速ければベッテルがフェラーリの可能性はありますが)、フェラーリが日本人ドライバーを雇うとはちょっと思えません。
ロータス・ルノーGPは来年はクビサが戻ってくるでしょうから(まだ分かりませんが)こちらも現在調子のそこそこの成績のペトロフとのコンビになりそうですよね。
メルセデスGPはシューマッハがどうなるかによるかも知れません。
ロズベルグはひょっとしたら別チームを狙っているかも・・・。
なので、現状の上位チームで可能性があるとすれば、メルセデスGPが一番可能性があり、その次がロータス・ルノーGPか、でしょうか?。

ただこの2チームであれば、個人的にはザウバーにもう少しスポンサーがついてお金が使えれば、来年1年はザウバーで頑張った方が良い気もします。

|

« ポケウォーカー500万歩突破 | トップページ | アルカリ電池でしか使えないなら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/51807976

この記事へのトラックバック一覧です: F1(がんばれ可夢偉っ!):

« ポケウォーカー500万歩突破 | トップページ | アルカリ電池でしか使えないなら・・・ »