« 成田通関通過 | トップページ | 6月28日のいつの間に通信での配信ポケモン »

2011年6月28日 (火)

厳しい判決

http://www.asahi.com/national/update/0628/OSK201106280038.html

う~ん、結構厳しい判決ですね。
確かに、小学五年生にもなれば、ボールが校外に出て車に当たる可能性も予測出来たかも知れませんし、実際に事故が起こっているのだから責任が無いとは言えないでしょう。
被害に遭われた方(ご遺族)からすれば、そんなところでボールを蹴る方が悪い、と言う事なんでしょうけれど・・・。
ワザと校外に出るように蹴っていたわけではないようですし(サッカーゴールに向かって蹴っていたんだし)”不慮の事故”だと思います。

これで賠償責任を問われるとなると、次はこの子の両親が学校を訴えて(今回の判決から考えれば、その位置にサッカーゴールを置いたらボールが外に出る事は予見出来た、と言う事になり、学校側の責任とも考えられますから)・・・と言葉は悪いですが、責任の擦り合いになりそう。

私の子供達も、蹴りそこなえば外に出ていくような場所でサッカーやったりしていますので、他人事ではありません。
ボールが外に出ないように注意していても、そこは子供のすること。
絶対に出ないようにしようとしたら外での球技は出来ませんしね。

この判決で、外ではサッカー(に限らず何か物を使う遊び)をやっちゃ行けない、と言う事にならないよう祈っています。

|

« 成田通関通過 | トップページ | 6月28日のいつの間に通信での配信ポケモン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい判決:

« 成田通関通過 | トップページ | 6月28日のいつの間に通信での配信ポケモン »