« NEO 3DS SMS2/4 Backup Master V1.25のテストを行ってみた | トップページ | ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 »

2011年8月12日 (金)

3DS Large Capacity Battery Packベンチ(残念な)結果

やっとの事で、公称"1800mAh"の3DSバッテリの持続時間測定を行いました。
↓こいつです。
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/3ds-large-capac.html

■手順
一応新品でしたので、満充電→赤ランプ点灯→満充電→赤ランプ点灯後に以下の手順で行いました。

1.ベンチマークを取る為の設定をします。
 ・音声ボリューム:OFF
 ・3D ON(Max)
 ・輝度最高
 ・省電力 OFF
 ・Wi-Fi ON
2.ベンチマーク用のソフトを入れます。
3.電源OFF(スリープでは無くOFF)
4.充電
5.充電完了後、電源ON→ベンチマーク用のソフト起動→放置プレイ
6.電源が切れた後、思い出記録帳でプレイ時間確認

ベンチ用ソフトは、海外でNyko Power Pak+が出た時にベンチマークに使われたnintendogs+catsにしました。
Nyko Power Pak+との比較にもなるので。
因みに海外でのベンチマークでは、以下の結果だった模様です。

Nyko Power Pak+: 5時間33分
3DSバッテリー: 2時間52分

Nyko Power Pak+は倍は持たないものの、1.9倍程度の稼働時間なのでバッテリ容量は2600mAh程度ではないかと思われます。

で、3DS Large Capacity Battery Packの結果。

3DS Large Capacity Battery Pack:2時間43分

・・・・2時間43分って標準バッテリより短いじゃんっ!。
まぁ計測時の環境が違うので誤差の範囲なのかも知れませんが、それでも短い。
計算上では、
1800mAh÷1300mAh≒1.38倍
2時間52分×1.38=3時間57分
くらいのはずです。

約4時間は無理でもせめて3時間30分程度は記録してほしかった気が・・・。
今回のバッテリはワイヤレス給電が出来る(と思われる)と言うメリットはありますが、稼働時間を延す、と言う意味では無意味ですね。
厚くなるし重くなるし。

と言うことで、純正バッテリに戻して、最初に買った公称"8800mAh"(実際に入っていたのは3000mAh)の外付けバッテリにセットしての運用に戻しました。
↓こいつね。
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/4000mah-recha-1.html

Nyko Power Pak+が現地価格程度で買えればなぁ・・・。
MUGEN POWERの奴が5000円以下になればなぁ・・・(現在Amazonで8980円で販売されています)。

こいつ↓で勝負するか(^^;(FocalPriceに注文したけどキャンセルした奴)
http://www.dealextreme.com/p/2000mah-battery-pack-for-nintendo-3ds-blue-82211
こいつの中身は真に2000mAhなら純正品の1.5倍くらいの稼働時間になるし、もし簡単に内蔵のバッテリを交換出来ればNyko Power Pak+並にするのも夢では無い・・・かも知れない、素直にNyko Power Pak+買った方が安全そうだけど。

|

« NEO 3DS SMS2/4 Backup Master V1.25のテストを行ってみた | トップページ | ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/52454438

この記事へのトラックバック一覧です: 3DS Large Capacity Battery Packベンチ(残念な)結果:

« NEO 3DS SMS2/4 Backup Master V1.25のテストを行ってみた | トップページ | ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 »