« ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 | トップページ | 3DSバッテリー ベンチ追加 »

2011年8月12日 (金)

やっぱりシリアルNo.でのチェックでした(8月11日以降のアンバサダー・プログラム参加チェック)

8月11日以降にテクニカルサポートセンターへ電話すれば、アンバサダー・プログラム登録が可能な件ですが、どうやって確認するのか分かりましたよ。
やっぱりシルアルNo.を連絡するようです。

それだと昨日書いたように売れ残った分も対象になっちゃうんじゃ・・・と思っていたのですが、小売店の人が補償を受ける(高く仕入れた分を15000円以下で売らないと行けないのでその分の補償を任天堂が行うのだ)分は全てシリアルNo.を任天堂に連絡したそうです。
それも8月10日の営業終了後に。

で、問い合わせのあった分のシリアルNo.をチェックして、価格改定後の製品のシリアルNo.でなく、且つ小売店が補償を受けられるシリアルNo.で無ければアンバサダー・プログラムの対象、となる訳。
でもねぇ、こんな面倒な事やるくらいだったら、いっそのこと、対象外以外の3DS全てを自動的にアンバサダー・プログラム対象にするような仕組みにしちゃった方が良かった気がするんですけどねぇ。
その方が任天堂(少なくともサポセンの人)も楽だと思うんだけど。

今後、自分の3DSがアンバサダー・プログラム対象(参加可能)かどうか調べられるサービス(シリアルNo.を入力すると対象かどうか分かるWebサービス)も開始されるとの事です。

今回の件で一番割を食ったのは、中古3DSの販売を行っていたお店ですね。
新品なら補償は受けられますが、中古だと補償受けられませんしね。
中古の方も、上のシリアルNo.チェックサービスが始まると、アンバサダー・プログラム参加可否によって、多少価格が変わる、って言う事もありそうですね。

|

« ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 | トップページ | 3DSバッテリー ベンチ追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/52456882

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりシリアルNo.でのチェックでした(8月11日以降のアンバサダー・プログラム参加チェック):

« ポケモン言えTAP?のAndroid版配信開始 | トップページ | 3DSバッテリー ベンチ追加 »