« SK17i用のre-Lock用ファイルを作ってみた | トップページ | 3G通信量計測ソフトを入れてみる »

2011年10月23日 (日)

Dropad A8もrooted

Dropad A8もAndroid2.2から2.3に上げたいなぁと常々思っていたのですが、次男坊が
「いままでプレイしたゲームのセーブデータが消えるのは絶対嫌っ」
と言うことで、なんとかroot化してtitanium backup proにてデータも含めたバックアップを取りたいな、と言う訳でroot化してみました。

なお、所有Dropad A8のOSバージョンは
Dropada8_01
です。

毎度のことですが、健忘録として手順をかいておきます。

1.Android SDKをインストールする。
 今回はSK17iの時にインストールしたのでこの為だけにやることはなし。
2.Dropad A8をデバックモードで接続
 アプリケーション→開発→USBデバッグをチェック
 あとは念のため、「スリープモードにしない」もチェック
Dropada8_02
3.USBケーブルでDropadをPCに接続
 初回はドライバインストールを求めてくるので、Android SDKインストール時に一緒にインストールされるUSBドライバを指定します。
 ※少なくとも家の環境では結構時間かかりました。ちょっと焦った。
4.SuperOneClickv1.9.5-ShortFuse.zipをダウンロード&任意のフォルダに解凍
5.SuperOneClick.exeを実行
Superoneclick
 念のためですが、解凍して出来たフォルダにある"ADB"と言うフォルダの
 ・adb.exe
 ・AdbWinApi.dll
 ・AdbWinUsbApi.dll
 はインストールしたAndroid SDKにある物を上書きコピーしました(多分しなくても問題無いです)。
6.SuperOneClickの[Root]ボタンを押下するとコマンドプロンプト(ADB)で色々コマンドが実行されます。
 で、Dropadの場合、途中でエラーになって止まります。でもそれでOKです。
7.新しいコマンドプロンプトを開いて、
  ADB shell
 でShellを起動します。
 するとプロンプトが"$"ではなく"#"になっているはずです。
 なっていれば成功。なっていなかったら残念ながら別の方法を探ってください。
8."#"になっている場合は、SDカード(Dropadの場合はextsd)にsu-2.3.6.1-ef-signed.zipを解凍して出来る
 ・su
 ・Superuser.apk
 をコピーして(別にadbを使ってsdcardとかextsdにpushしても良いですけど)おきます。
9.コピーしておいた"su"を"/system/xbin"コピーしてパーミッションを"4775"に変更
 # cp /extsd/su /system/xbin
 # cd /system/xbin
 # chmod 4775 su
10.コピーしておいた"Superuser.apk"を"/system/app"にコピーして念のためパーミッションを"777"あたりに変更
 # cp /extsd/Superuser.apk /system/app
 # cd /system/app
 # chmod 777 Superuser.apk
11.一応rebootしておきます。

これでscreenshotもtitanium backupもOKになりました。
ざっくりバックアップとりましたよ。

|

« SK17i用のre-Lock用ファイルを作ってみた | トップページ | 3G通信量計測ソフトを入れてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/53064683

この記事へのトラックバック一覧です: Dropad A8もrooted:

« SK17i用のre-Lock用ファイルを作ってみた | トップページ | 3G通信量計測ソフトを入れてみる »