« SK17iもICS来てた | トップページ | MK16a ICSのフォント差し替えは超簡単だった »

2012年6月14日 (木)

MK16a ICSのroot化

ICSにアップデートしたMK16aですが、最初にICSに更新されたArcやRayの4.0.3で動作していたワンクリックrootedツール
「DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zip」
は4.0.4では動作しない模様。
まぁ仕方が無い、いつものようにClockworkMod Recoveryを使ってのroot化に挑戦してみました。

「DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zip」
配布元のXDAの投稿を読むと、"su"とかがICS用みたいな記述があるので(読み間違いかも知れませんが)、一応最新っぽい"su"と"Superuser.apk"を用意。

ClockworkMod Recoveryの起動はいつもの通りなので(健忘録:電源OFF30秒以上⇒MENUボタン押しながらUSB接続でLED青)過去記事参照して貰うとして(そのうちまとめ記事でも作らんと自分が忘れるかな)ZIPからSuperuser.apkとsuを導入。

恐る恐るrebootすると立ち上がり時に「Androidのアップグレード中...(だったかな?。そんな文言)」が出て、更新されて立ち上がりました。
ひとまず立ち上がったので安心。

順番が逆になったけどWi-Fiの設定をしてGoogleのアカウント設定をしてGoogle Playより端末エミュレータダウンロード。
で、ちゃんとSuperuserになれました。
ほれこの通り。
Mk16a_ics_rooted_2 
これで幾つかのアプリをダウンロードして(TitaniumBackupとかESファイルエクスプローラーとかAirDroidとか)その他の環境設定が出来ます。
恒例のFONT差し替えは最低限必要かな?。
徐々にやって行きます。

|

« SK17iもICS来てた | トップページ | MK16a ICSのフォント差し替えは超簡単だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/54957504

この記事へのトラックバック一覧です: MK16a ICSのroot化:

« SK17iもICS来てた | トップページ | MK16a ICSのフォント差し替えは超簡単だった »