« 近況 | トップページ | SuperuserからSuperSUへ乗り換え »

2013年1月15日 (火)

自転車修理

先週のこと。

次男がお友だちの家に遊びに行く際に自転車を物置から出して庭でスタンドが不安定な状態で停車させた際に、自転車転倒→左ブレーキレバー破損、となりました。

帰宅してその話を聞いたときには『ブレーキレバーが折れたんだろう』と思ったのですが、実物を見てびっくり、ブレーキレバー取り付け部分が根元からポッキリ。
こんなところが折れるんですねぇ。

Bicycle_brake_lever_l_2 Bicycle_brake_lever_r_2
左が折れた左ブレーキレバー。右は同時に交換した折れてない右ブレーキレバー。

まぁ実物見るといかにも折れそうな構造してはいるんですが。

経年劣化(長男が多分小学1年生の夏頃~小学2年生の春頃に買った自転車なので最低でも約6年程)と左ブレーキと言う事で疲労で折れたんだと思いますが、ブレーキレバー自体が転倒で折れる事例は時々見かけますが、根元から折れたのは(自分が知っている中では)初めてです。

更にびっくりしたのは、嫁さんがそのままの状態で次男に自転車を使わせた事。
事故にならずに本当に良かったです。
これがまだ右側(前ブレーキ)なら良かったのですが、後ろブレーキですからね。
嫁も反省しているので責めはしませんが。

そうそう、自転車のブレーキと言えば、最近は左手でスマホとか左手に荷物とかで右手一本で乗っているのを良く見かけます。
結構なお年の方から若者まで。
怖くないんですかね?。私は怖くて右手一本で自転車に乗るなんて出来ませんけど。

閑話休題。

次男自転車は、そのままでは当然乗ることは出来ませんのでネットでおよその値段を調べてからホームセンターへゴー。
一軒目は同時に交換予定の(少なくとも外さないとブレーキレバーが取り外せないので)グリップは在庫あったもののブレーキレバーはママチャリ用しかなくて保留。二軒目はその逆。

しょうがないので、二軒目でブレーキレバー買って、再度一軒目に行ってグリップ購入してきました。
レバー(左右)が1480円、グリップが680円、合計2160円也。

交換は簡単で、
・古いグリップをカッターで切り裂いて取り外し
・ブレーキワイヤーを緩めておいてからブレーキレバーの取り外し
・右側はシフトチェンジ用のチェンジャーがあるのでそれを外してからブレーキレバーの取り外し
・あとは逆の手順で新しいブレーキとグリップの取り付け
です。
タイヤ交換の100倍は簡単。まぁそうそう交換する部品じゃないですけどね。

グリップは、長男の時代から何度も転倒させていて、グリップエンドが破れていたので、それが直ってすっきりです。
ブレーキレバー自体はほぼ同じような物を選んだので見た目的にはあまり変化無し(勿論、細かい傷等が無くなって綺麗ではありますが)。

破断していない右側ブレーキレバーは予備で保管。

これで暫く乗り続けられそうです。

|

« 近況 | トップページ | SuperuserからSuperSUへ乗り換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/56546735

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車修理:

« 近況 | トップページ | SuperuserからSuperSUへ乗り換え »