« 無料でFAXを送る | トップページ | 2013年03月のアクセス解析 »

2013年3月29日 (金)

MK16aへLink2SD他を入れてみた

IS11Sで”Link2SD、マウント変”とか書いたら↓コメント頂きまして(ありがとうございました)、ext3じゃなくてext2ならOKみたいとの事。
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/link2sd-c77a.html
再度調べると、ext3はやっぱりXPERIAではマウントエラーが出て駄目っぽい(まぁ環境にもよるでしょうけれど)。
FAT32でも問題無いよ、と言うことらしいので、今回はFAT32にしてMK16aの方に導入してみました。
サイズ的には2GBもあればOKだろうと思いましたが思い切って・・・・4GB(思い切ってない)。
導入後は、こんな感じの空き容量。
Link2sd_empty
本体側が220MBの空きになりました。

あとは、SWAP領域を作らずに(Windowsと同様Swapファイルで)SWAPも設定。
「Swapper for Root」を使いました。
SWAPファイルサイズは古のUNIX使いの慣わしでは「メインメモリの1.5~2倍」なのですが、今回はとりあえずメインメモリと同じ512MBで。
なんか多いと逆に遅くなるらしいけど・・・。
Swapper1 Swapper2

それからSDカードのI/Oキャッシュサイズの変更(増やす方向へ)
「SD Speed Increase」で128KB→2048KBへ。
Sd_speed
久しぶりに色々いじった・・・ような気がする。
これで安定して動くならIS11Sの方もやろう。

因みにSWAPやキャッシュは体感出来ます。
もちろん、メチャクチャ速くはなりませんけど、細かいところで”待ち”が減ります。
イライラが多少は減るかも。

|

« 無料でFAXを送る | トップページ | 2013年03月のアクセス解析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/57057568

この記事へのトラックバック一覧です: MK16aへLink2SD他を入れてみた:

« 無料でFAXを送る | トップページ | 2013年03月のアクセス解析 »