« Intel Centrino Advanced-N 6200への換装 | トップページ | ノートPCを分解する際のアドバイスとか »

2013年5月 6日 (月)

E8260(2台目)に無線LANカードを増設してみる(分解必須)

さて、常時使用中のE8260の内蔵無線LANカードを4965AGN→N6200に交換したんで、次は2台目のE8260へ内蔵無線LANを増設。
その為に本体分解の儀を執り行いました。
画像多いです。すんません。

まずはすでにBlog記事にしている部分の分解(手抜きじゃないですよ、容量節約(^^;

裏側のカバー取り外し
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/fmv-e8260-16e9.html
液晶ヒンジ部分の取り外し
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/fmv-e8260-b229.html

この後、順番は別にこの通りじゃなくても良いですが、どんどん分解していきます。

■液晶部分の取り外し

まずはコネクタを外しておきます。
このE8260は無線LANは接続されていないので、外すのは液晶部分との接続コネクタのみ。
※無線LANが装着されている場合はアンテナ線(2本)も外しておきます。
E8260_tft_conn

次にネジを外します。
表側は左右2本ずつ。
E8260_hinji_left E8260_hinji_right

裏側は左右1本ずつ。ネジのマークが付いている部分です。
E8260_hinji_right2 E8260_hinji_left2
これで液晶部分は外れてしまいますので、落として割らないようにしてください。
取れました。
E8260_tft_1

■ボトム側の分解(Wi-Fiスイッチの確認とWi-Fi ON)

無線LANのON/OFFスイッチ探索のためにボトム側を分解します。

裏側のネジ位置です(既に液晶部分を取り外す為に上側の内側2本は取り外し済みのはずです)。
E8260_ura

ネジの中で忘れやすいのが光学ドライブを取り外したところにある1本(これだけネジの種類が他とはまったく違います)。
上の画像ですと左端の上から2本目です。
光学ドライブの取り外しはマニュアル見てください。

表側のネジ位置(その1)です。3本です。
E8260_top

次にキーボードを外します。
キーボードは両面テープで固定されているので、フラットケーブルを切らないように両面テープを剥がします。
その後、フラットケーブルを抜きます。
E8260_keybord
ちょっと分かり辛いですが、左上の囲み部分がフラットケーブルのコネクタです。
キーボードを取り外すと表側ネジが更に現れます。

表側ネジ位置(その2)です。4本です。
E8260_top2

これでネジは終了。お疲れ様でした。
TOP部分が外せます、が、電源コネクタとスライドパッドのフラットケーブルが接続されているので、それを先に外しておきます。
E8260_top3 E8260_top4


ちょっと分解前に戻りますが、Wi-FiのON/OFFスイッチは出荷時に内蔵無線LANカードを選択した場合は筐体に設置されています。
選択しないと蓋が付けられています。
こんな感じ。
E8260_wifi_sw1

もちろん下がスイッチ付です。

スイッチ無しのモデルでも物理的なスイッチはこの裏にあるはず、と思っての分解です。

で、結果。
E8260_wifi_sw_off

ありましたよ、当然OFFの状態です。

蓋を加工(プラパーツ除去)してON/OFF出来るようにしても良かったのですが、基本的にOFFにする必要が無いので(持ち運んで無線NGの場所に行くことはないので)蓋加工無しでONにしました。
E8260_wifi_sw_on

仮にスイッチ未実装でも、スイッチの足部分の3本ある基板部分の右2本(GNDとON)を短絡させればONになりますので、ONにするだけなら比較的簡単かと思います。

ボトム側はこれで完了。元に戻します。

■液晶部分の分解(アンテナの取り付け)

液晶部分はゴムで蓋が合計7つありますので、ゴムを楊子や精密ドライバのマイナス等で外します。
接着されていますがしょせんゴムとネジ頭なのですぐに外れます。
キズつけないよう注意(PC側も自分の指とかも)。
E8260_tft_2

ネジを外して、液晶の枠部分を殻割りします。
プラの爪で止まっていますので、ギターピック等、薄い治具で割っていきます。
私は伝家の宝刀「自分の爪」でやりました。慣れない人はやらない方が良いですけど。
比較的簡単(昔のノートPCに比べれば)に外れます。

外れました。
E8260_tft_3

液晶パネルを外す為にネジ2本を外します。
E8260_tft_left_s E8260_tft_right_s

液晶パネルを取り外すには左右のコネクタ(MBとのコネクタとバックライト制御用のコネクタ)を外せばOKですが、今回はアンテナ設置が目的でしたので、そのままで作業しました。
この二箇所。
E8260_tft_conn2 E8260_tft_conn3

アンテナはこんな感じで2本設置。本当は3本設置しようと思ってアンテナ線を4本用意したのですが、まぁもともとのE8260のアンテナは2本ですし、取り回しを考えるのも面倒だったので(^^;2本のみ。
E8260_add_anntena
標準のアンテナはおそらく両側の溝にアンテナ線を這わせているんだと思います。
今回はアンテナ線の長さ的に問題ないか分からなかったので液晶裏を這わせています。

これで元に戻す時に右側ヒンジからアンテナ線が出てくるようにして終了。
E8260_add_anntena2

液晶部分も元に戻して、無線LANカードを増設、アンテナ線を接続します。今回は余った4965AGNを設置。
前回と同様、3本目は短いアンテナを付けてみました。

アンテナが届かないといかんと思って長めにしましたが、あまりまくりました。ちょっと失敗。
E8260_add_anntena3

まぁ収まったのでよしとします。次(があるかどうか分からないけど)はちゃんとやる。

全部元に戻してOSを立ち上げて・・・まずは無線LANカードは認識しました。
ドライバのインストールが終わって、無線LAN親機を探して・・・ちゃんと複数見つかりました、無線LAN ONになってますよ、よしよし。

自宅の無線LAN親機に接続して・・・4965AGNなので以下の通り130Mbpsで接続完了。
130mbps

インターネットにもつながりました。

----------------------------
E8260を分解してみて。

おそらく、非常に簡単な部類に入ると思います、ノートPCの中では。
さすが、ビジネスモデルって感じ。
ネジの種類は同じような箇所は同じネジになっていて間違いにくくなっていますし、見えるネジを外していけばだいたいOK。

これなら慣れれば今回の分解/組み立て作業は30分かからないと思います。
無線LAN非内蔵モデルへの無線LAN内蔵も手順さえ間違わなければ楽勝ですね。
N6200くらいならアンテナ込みでも2000円かかりませんしね。

さて、あとは出来れば液晶をWXGA⇒WSXGA+にしたいところですが・・・、なかなか入手出来なさそうなパーツですよねぇ。価格も高そうだし。
3000~5000円くらいじゃないとあまり意味がないしなぁ。
ジャンク品物色しますかね。

|

« Intel Centrino Advanced-N 6200への換装 | トップページ | ノートPCを分解する際のアドバイスとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179854/57320999

この記事へのトラックバック一覧です: E8260(2台目)に無線LANカードを増設してみる(分解必須):

« Intel Centrino Advanced-N 6200への換装 | トップページ | ノートPCを分解する際のアドバイスとか »