カテゴリー「ペット」の2件の記事

2008年7月11日 (金)

手術

さて、飼い犬の話です。

7月8日に避妊手術をさせました。
正直、少々迷いがありました。
せっかくこの世に生まれたのに子孫を残せないようにしてしまうのは人間のエゴではないか、とか、健康なのに体にメスを入れさせて良いのか、とか・・・。
でも、不用意に妊娠させてしまい、面倒が見られないとしたら。
親犬にとっても不幸、仔犬にとっても不幸、そして飼い主にとっても不幸。

そう思って、発情前に手術しました。

手術後、今のところ至って元気です。
本当は、傷口を舐めないようにしないと行けないのですが、薬を付けた直後だけ舐めてしまいます。
傷が化膿とかしていないので(本当は駄目なんだろうけど)見ぬ振り。

走り回る事は流石にまだしません(させません)が散歩もいつも通りですし、食欲もあります。

これから(大きな病気や事故が無ければ)少なくとも10年以上付き合う事になるわけで、病気の心配も少しは少なくなるとの事。

健康で元気に過ごして欲しいなぁ、と思います。

| | コメント (0)

2008年3月27日 (木)

仔犬

長期放置中でしたが、その間に犬を飼い始めました。

お金を出して買ったのではなく、動物保護管理センターに保護された仔犬達(5匹)の中から譲り受けた犬です。

2月28日に譲り受けに行ったのですが、その時点でおよそ生後三ヶ月、人を怖がり、見ていても可哀相な状態でした。
一週間程で多少慣れ、二週間程で家の人間にはなんとか信頼を寄せ、約一ヶ月経った今、臆病ではありますが人間をそれほど恐れなくなって来ました。
また、最初は仔犬らしい可愛さが無かった(とにかく怯えて人間に近寄らない)のですが、犬らしくなってきました。

犬を飼うのは嫁さんの夢(実家でも飼っていたので)で、次男も大賛成しており、でもペットショップで買ってくるのはなんか違うってことで、仔犬が保護されたら連絡を貰えるようにしていました。

長男は、犬嫌い、と言う程ではありませんが、噛まれたら怖い、と言う感じで犬を飼うのに積極的ではありませんでしたが、仔犬を飼い出してからは犬を怖がらなくなりました。

まだまだ面倒は私か嫁さんが見ている状態ですが、子供たちにとっても、また貰い受けた犬にとっても、我が家に来て(来てくれて)良かったと思えるようにしたいです。

| | コメント (0)