カテゴリー「経済・政治・国際」の51件の記事

2012年11月 2日 (金)

住宅ローン借り換え後の住宅ローン減税は・・・

11月に入り、年末調整の時期になりました。
家は今年、住宅ローンの借り換えをしました。
家を建てて13年。
ローン減税をあと2年受けられるはずです。

でも借り換えして減税って受けられるの?と思い、国税庁のHPをみたところ、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1233.htm
ってな感じらしいです。
受けられるけど条件が2つある訳ですね。

1.新しい住宅ローン等が当初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明らかであること。
2.新しい住宅ローン等が10年以上の償還期間であることなど住宅借入金等特別控除の対象となる要件に当てはまること。

家の場合は、
”1”は当然ですね、これは通帳とか見せればOKなのかな?。
”2”の方も15年返済だからOK。
と言うことで残り2回で0.5%の減税が受けられます。

但し、国税庁のHPにあるように、新しく借りたローンの額が一括返済した金額よりも多い場合は、(返済金額÷借入額)×年末のローン残高が基準となります。
私の場合は24万円弱、多く借りたので(色々な手数料代等)ざっと計算すると98.3%弱の計算になり、年末残高そのままで計算するよりは、多分1000円程減る事になると思います。

ところでこれって個別に確定申告しないと駄目なのかな?。それとも今までの紙に証拠付けて出せばいいのかな?。
これも調べないと・・・。

【追記】調べた
http://profile.allabout.co.jp/w/c-50893/
http://loan.e-mansion.co.jp/fp/topic.php?num=443

う~ん、基本的には年末調整だけでOKだ、と言うことらしいけど。
うちの会社は計算はしてくれないな、まぁいいけどね。

でも住宅ローン残高証明書がまだ届いていないので、借りた信金に電話してみたら書類をかかないと自動的には送られて来ないそうな。

で、今年は持ってきてくれる事になった。その書類も。来週くらいに。
まぁ来年で減税終わりだから来年分だけで良いんだけど、毎年来るならそれも良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

2012年10月1日から著作権法改正

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/20/news090.html
上のように昨日付けで著作権法改正案が成立、10月1日より施行となります。
私が今まで扱ってきた記事の中ですと、NDS Adaptor Plus以外のDS用ツールはROMの吸出し可能なツールなので解釈次第ですがそのバックアップソフト自体は違法とされる可能性が高いです。
NDS Adaptor Plusも、セーブデータのバックアップ自体に暗号化解除を行っているとすればアウトでしょう。

そんなわけで、これらの話題は、今後は基本的には書きません。
”基本的に”というのは、完全にアウトだ、と言う事が判明したり、逆に、この機器はセーフだ、と分かれば、その話は書くつもりです。

CDのリッピング自体は合法扱いですが、これを違法とすると、現在のHDDカーナビもipodとかのシリコンプレイヤーも、殆ど駄目ってことになりますから、まぁ大丈夫なんでしょう。

マジコン自体はもうこれは賛成で遅かったくらいだと思いますが、今回の著作権法改正は、もう少し突っ込んで議論した方が良いと思うなぁ、と言うのが感想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

もうすぐ増税の季節

今年6月分の給料から、住民税が大幅アップしますね。

特に中学生以下のお子さんがいらっしゃる家庭では(まぁ高校生になっていても控除額は減るので増税には変わりありませんし、今年高校に上がるとしても税の対象が昨年なんでその場合はやっぱり大きいですけど)。

独身者で扶養家族無しの人はちょっとだけですけどやっぱり増税。

家の場合ですと0~12歳の子ども3人分の扶養控除が廃止されますから、単純に控除額が99万円減ります。

住民税の場合、
・課税所得×税率+均等割-調整控除
が年額になりますから、税率さえ分かれば増える額もざっくり分かります。

税率は基本的には10%ですね(名古屋市みたいに1割引きになるところはその分減りますけど)。
なので手取りが前年と変わらなければ、控除額が99万円減った分が、住民税増加分です。

つまり課税所得の増分、99万円×10%=99000円。

およそ年額10万円の税金UP!。
厳しいですね。月額換算で8250円アップです。

給料が増えているともっと上がっちゃいますし(微妙に増えてます、私の場合)、家のようにローン減税の恩恵を受けているところだと、当然ながら毎年減税金額は減っていくので二重に上がります。
なのでざっくり計算して月額9000円程度は住民税が上がると考えておかないと行けません。
このあたりは源泉徴収票があれば正確に計算出来ますが、今手元に無いから凡そで勘弁。

月額9000円上がっても、子ども手当が3人分(1人は増額される3歳未満)貰えていますので、計算上はまだ手当貰える分の方が上回っているのですが、所得税も昨年から増えているので結構キチキチです。
更に復興税みたいのが来年/再来年から増えるし消費税も上がるしで、これはもう出ていく方を抑えるしか無くなりそうです。

困ったちゃん。

税金が増えても、その分生活が楽になるような日本にして欲しい物ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

土日休日1000円・高速道路一部区間無料化中止

http://response.jp/article/2011/06/01/157240.html
6月19日の23時59分59秒までですね。

これがあってETC導入したんですが、もう元は取れたと思うので仕方が無いかな。
ただ、時間帯割引は継続されるとの事なので、毎日高速道路を使って通勤通学している人はほっと一息でしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月31日 (火)

節電目標達成の家庭には何か貰えるそうですよ(予定)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110531/trd11053111090004-n1.htm

東電管内だけじゃなくて全国でやったらどうでしょうかね?、他の地域でも電力供給切迫しそうですし。
こういうのがあるとモチベーションは上がりそうですね。
しかし、節電が目的なのに、インターネット上の専用サイトで消費電力比較って、なんか矛盾する気がする(^^;。
貰える物にもよるでしょうけれど、独身者だったら寝る時以外は外出し、更に外出時にはブレーカー落として行けば、15%は楽勝な気がする。
家は、子供が生まれたばかりなので、正直節電は厳しいですけど(洗濯物増えるし、夏は昨年以上に温度管理したいし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月31日 (木)

ハギワラシスコム 民事再生法適用申請!!

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3441.html
びっくり。

ハギワラシスコムが倒産だなんて・・・。
まぁ正確には民事再生法の適用申請なんで、純粋な倒産とは若干違いますけど。

一度だけ本社(だったかな?)に行ったことがあります(仕事で、ですが)。
まだHP等では告知が無いようですが、無事に再生出来る事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

自賠責保険も値上げ検討中

http://mainichi.jp/select/today/news/20110112k0000e020028000c.html

平成20年4月1日に引き下げられた自賠責保険ですが、来年度より再度引き上げられるようです。
平成20年4月1日で引き下げられた額は8360円(30830円→22470円)。約27%引き下げられた事になります。

来年度は約1割値上げとの事なので、25000円前後(24800円とか)ですね。
3年連続の値上げが見込まれているので、2012年度が更に1割(27500円くらい?)、2013年度で更に1割上がって最終的には以前とほぼ同じくらいの30000円程度になるんでしょうかね。
自賠責も任意も保険料値上げで車検時の負担増です(私の場合は任意保険は若干時期がずれていますが)。

保険なので、ある程度は自分の身を守る為に必要ではありますが、なかなか厳しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

今月から手取りが減ります、の一部訂正等

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_tax__20110107_2/story/postseven_9931/

先日の↓の発言の訂正も兼ねて。
http://tsurezure-narumamani.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-f65a.html

先頭のURLの内容を読むと、所得税分の年少扶養控除廃止(縮小って書いてありますが・・)は2012年1月からなんですね。
また10月からは厚生年金もUPですか。
そうなると今回およそ5400円程(年収ばれますね)、10月から2000円前後、来年早々から更に5000円程度(分からんけど)の合計12000~13000円程の増税になります。

こども手当は当面は月26000円(13000円×2人分)。
なので差し引き13000円程は余分に貰える計算になりますが、これまた先頭のURLに書いてあるようにこども手当を貰う前に貰えていた児童手当は貰えない(現状では児童手当分もこども手当の中に含まれている状況ですね)ので、
13000円-5000円×2=3000円
と言う計算になり、+3000円です。

家はまだこども手当が貰えるのでプラスになっていますが、貰えない家庭は厳しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

今月から手取りが減ります

今月の給料から所得税が増えました。

これは年少扶養控除(所得税分)が廃止された為です。
更に今年の6月分の住民税からも年少扶養控除が廃止されて、更に増税になります。
今年6月からの住民税分が乗ると、恐らくですが、年間15万円くらいは増税になるっぽいです。
つまり月額12000~13000円程手取りが減ります・・・・。
めちゃくちゃおおごとですよ、これ。
今でも削りに削っているのに、あと毎月10000円以上、どこを削れば良いのやら。

もちろん、その代わりと言ってはなんですが、家の場合は今のところこども手当が月額換算で26000円(13000円×2人)貰えます。
年額で312000円ですから、15万円増えても差額の16万円程は今までより増える計算にはなります。

それでも手取りが減るってのは厳しいですね。
こども手当は後追いですし。

増税により、暮らしが豊かになるとか将来(近い将来だけじゃなく)がバラ色になるような仕組みづくりをしてくれるのであれば、生活が出来る範囲での増税はあっても良いと思います。
でも、今の増税では将来が語れません。

もっと将来の語れる日本にして欲しいなぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

来年4月からの高速道路料金は・・・・

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/101217/fnc1012171109014-n1.htm

個人的には高速道路を使う機会が少ないので、正直どっちでも良いのですが(もちろん安い方が良いですけど)。

そもそもは「無料化」だったはず。
これに満足せずに、無料化に向け、邁進して欲しいですね。

それでもこのまま行けば、今までの割引(休日1000円や深夜割引、通勤時間帯割引)はそのままに、平日でも上限2000円になりますから、いつ走っても安くはなりますね。
結局一度値下げしてしまうと上げるのは一苦労って事ですよね。

本当は値上げじゃなくて、元に戻るだけなんですが。

来年4月から実施されるのであれば、来年の家族旅行は4月の3、4日くらいで行こうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧